デザインフォワード

デザインの視点から商品やサービスのマーケティング事例を考察するブログ

魚に植物に鳥も!写真を撮影するだけで種類を判別してくれるアプリまとめ

種類判別アプリがスゴい

AIや機械学習技術の進歩により精度を増した種類判別アプリの数々を紹介します。

f:id:massam-forward:20180712000106j:plain

魚ーフィッシュ

「フィッシュ」は魚の判別に特化した人工知能・AIアプリです。フィッシュの中には、大量の魚のデータが蓄積されており、写真を投稿するとチャット風に魚種を教えてくれます。

魚名を判別できるだけでなく、お魚図鑑も搭載しており、魚の特徴や形態、食味やおすすめの食べ方も紹介しています。

釣り好きの人には必須のアプリかもしれません。

fish.fishai.jp

魚ーLINNÉ LENS

 

LINNÉ LENSは「かざすAI図鑑」をコンセプトにしたスマートフォンアプリです。

現在は水族館の生き物を中心に対応していますが、動物園の生きものにも近日対応予定です。来館者だけが見られる施設ごとの生きもの解説を無料で掲載できるので、施設側の集客アプリとしても活用が期待されます。動物園や水族館がリアル版ポケモンGOのように遊ばれる日が来るのでしょうか。

lens.linne.ai

植物ーGreenSnap

「GreenSnap」は花・植物の判別に特化した人工知能・AIアプリです。こちらも写真を送るだけで、植物の種類を教えてくれるほか、植物図鑑へのリンクもあり知識を深めることができます。

「もらった植物の名前を知りたい。」「出先で見かけた植物・花の名前を知りたい。」といった時に活躍してくれそうなアプリです。

greensnap.jp

鳥ーMerlin Bird ID

 「Merlin Bird ID」は鳥の判別に特化した人工知能・AIアプリです。

こちらも写真を撮影して送ると鳥の種類が分かるアプリです。

写真を使わなくても、大きさや色から種類を絞ることも可能な仕様になっています。

現在はアメリカ仕様になっていますが、今後の日本展開が期待されています。

www.youtube.com

▼ダウンロードはこちら

http://merlin.allaboutbirds.org/download/

フォントーAdobe Capture CC

画像に書かれている文字の形状などから、それに近いフォントを探し出してくれるアプリです。使用にあたってはAdobe IDやFacebookアカウントでのログインが必要ですが、街中で気になるフォントがあった際にストックしておけば創作の幅が広がること間違いなしです。

 

www.adobe.com

薬ーMedisnap

 

こちらも海外仕様ですが、薬の判定アプリです。

用途があまり浮かばないですが、あらかじめ形状が決まっているので、判別の精度は高められそうです。

www.medsnap.com

「マーケティングってフレームワークでしょ」と思ってる人に知ってほしい3つのポイント

[:contents] f:id:massam-forward:20180728163442j:plain

マーケティング=フレームワークの誤解

マーケティングというと一般的にには「4P」「3C」「STP」といったフレームワークで考えることだと思われています。

経営学の参考書やMBAなどの講義を聞くと、外部環境を「3C」や「SWOT」で整理して「STP」や「4P」を決めていくというようなお作法が大事かのように錯覚してしまう人が多くマーケティングに関する誤解が広がっています。

マーケティングとは?

人によって定義は様々ですが、究極のマーケティングとは「何もしなくてもその製品やサービスが買われる状況を作る」ことだと言われています。

4P的にいうと

「商品・サービス(Product)」のメリットが「きちんと伝わり(Promotion)」、適切な「チャネル(Place)」に適切な「価格(Price)」で届く状態を作ること

がマーケティングのゴールです。

このゴールを狙うにあたって重要なのはフレームワーク通りに考えることではなく、以下の3つのポイントを外さないことです。

知ってほしい3つのポイント

アイデアをすぐに考えない

自社の製品やサービスをもっと売りたいと考えた時に陥りがちなのが

「どんなプロモーションを売ったらこの製品を使ってもらえるだろう?」

「どんなコピーを付けたら魅力的なサービスに思われるだろう?」と

いきなり施策アイデア(HOW)を考えてしまうことです。

まずJOBを考える

大事なのはその製品やサービスを買う人や使う人が

「何の目的でそれを買うか(WHY)」を考え抜くことです。

ドリルを買う人は「ドリル」という物体が欲しかったわけではなく、「穴」が欲しいのです。つまり、「穴をあける」という目的があって、それを満たすための手段としてドリルを選ぶのです。

マーケティングにあたっては自社の製品やサービスが何の目的を満たすのかを考えることが大事です。この目的(WHY)のことを最近流行しているJOB理論では「ジョブ(JOB)」と言います。

「ジョブ理論」は 「人がモノやサービスを採用する(雇用する)時、 モノやサービスを通じて成し遂げたいこと(ジョブ)がある」 という考えに基づいた理論です。

共働き主婦も学生も使える「ジョブ理論」の話 - デザインフォワード

www.design-forward-neta.com

マーケティングは体験の創造である

このJOBを発見したら、さらに一歩踏ん張ってそのJOBの先にどんな体験があるかを考えましょう。

ドリルと穴の例で言うと、生活者が欲しいのは穴ではなく、穴を使った体験のはずです。壁に穴をあけてフックを差し込んで帽子掛けを作りたかったのだとしたら、生活者が真に欲しているのは「帰ったときに帽子を安全そうな場所に置く」という体験です。

この体験を満たすことを考えた時にもしかしたら作るべきはドリルではなく、吸盤のような仕組みで壁につけられる帽子掛けかもしれませんし、平らな場所に置いても型崩れしない防汚機能付きの帽子かもしれません。

大事なのはこの生活者が求めている体験を捉えることで、ここを抑えればそれを叶える手段やそれに代わる手段は必ず世の中に必要とされるものになるということです。

人がお金を払ってでも成し遂げたい体験を見つけ・それを叶える製品やサービスを作れれば「何もしなくてもその製品やサービスが買われる状況を作る」というマーケティングのゴールは達成できます。

日ごろからこの3つのポイントを肝に銘じて「マーケティング」に取り組みましょう。

CryptoKitties(クリプトキティーズ)での寄付・慈善活動がケタ違い過ぎると話題に

CryptoKitties(クリプトキティーズ)とは?

 CryptoKitties(クリプトキティーズ)は仮想通貨イーサリアムのプラットフォーム上で動く、仔猫を交配して売買できるブロックチェーンゲームです。

交配によって産まれたレア度の高い猫は数百万円~数億円の値がつくなど一攫千金のチャンスもあり、世界中で人気を博しています。

一見すると投資や投機のイメージが強いブロックチェーンゲームですが、海外では寄付や慈善活動に利用される事例が増えてきています。

寄付に活用された事例

ブロックチェーンゲームの特徴である「金銭的な価値を持つ」クリプトキティーを活かした事例を紹介します。

www.design-forward-neta.com

小児病院向けに$15,000USD

 シアトルに小児病院を建てるというプロジェクトに賛同したクリプトキティーズのユーザーがBella's Kitty Denという市場に370種類の猫を寄付しました。

それらの猫をチャリティーオークションにかけたところ、15000ドルにあたるイーサリウムが集まりました。

当初は1か月を予定していたオークションですが、3週間で完売するほど注目を集めるプロジェクトだったそうです。

ウミガメ保護に$140,000USD

ACTAI Globalという活動団体とOcean Eldersという野生保護団体が主導で行われたプロジェクトです。地球と野生生物を保護する環境大使として“Honu”がというクリプトキティ―が発表されました。Honuはウミガメを模した姿のKittyとなっておりCryptoKittiesのアートディレクターGuile Gaspar氏によってデザインされました。

結果的には14万ドル(約1,555万円)で販売され、その収益は全て慈善団体へと寄付されました。

www.design-forward-neta.com