デザインフォワード

デザインの視点から商品やサービスのマーケティング事例を考察するブログ

【スゴデザ】共働き子育て世帯に!タカラトミー「ハロピカ」が画期的な件

スゴデザ

秀逸にデザインされたマーケティング事例を紹介します。

「ハロピカ(HelloPika)」とは?

 

 「ハロピカ」はタカラトミーが開発したポケットモンスターに登場する超人気キャラクター・ピカチュウのロボットです。

www.youtube.com

 

秀逸なデザインのポイント

この「ハロピカ(HelloPika)」のマーケティング的な秀逸さは以下の2点と考えます。

共働き世帯における子供のコミュニケーション相手

共働き家庭における大きな悩みといえば、子どもを一人にしてしまう時間が増えてしまうこと。「さみしい思いをさせたくない」という子供への思いがある一方で、「でも手間のかかるペットを飼うわけにもいかない」という家庭の事情、「スマホを与えると目に悪かったり、セキュリティ的にも不安」という不安が共働きの子育て世帯には溢れています。

「ハロピカ(HelloPika)」はそんな家庭のジョブを一気に解消する救世主アイテムといえるでしょう。

※ジョブ理論について過去ページ参照。 

www.design-forward-neta.com

 

屋外でも室内でも使える子供への「アメ」

さらにこの「ハロピカ(HelloPika)」は室内だけでなく、屋外にも持ち出せることが大きなポイントになっています。共働き子育て世帯にとって、休日は買い物やおでかけといったアクティブな日もあれば、家族の疲れを癒すためのリラックスな日もあります。そんな時に子供がぐずって外に出たがったり、逆に家から出たくないと泣き喚いたらもう大変です。

そんな時に「ピカチュウとお外行こうか?」や「ピカチュウとお家で遊ぼうか?」と都合よく「ハロピカ(HelloPika)」に子供の注意を向けることで子供をうまいこと誘導することができます。

 

このように「ハロピカ(HelloPika)」は最近の共働き子育て世帯の平日と休日の悩みを解消する秀逸なマーケティングによって出来上がっている商品といえそうです。