【随時更新】日本のブロックチェーンゲーム(Dapps)の注目タイトルまとめ

 ブロックチェーンゲームの特徴

仮想通貨の基盤技術として有名になってきたブロックチェーン。金融業界以外でも活用が期待されており、最近ではブロックチェーンの以下のような特性を活用したゲームの開発が日本でも盛んになっています。

複製困難性

非中央集権

トラストレス

データの資産性

▼4つの特徴の詳細は以下の記事をどうぞ▼

www.design-forward-neta.com

この記事では日本のブロックチェーンゲーム(Dapps=分散型アプリケーション)の事例を紹介します。

セレス「くりぷ豚」

「くりぷ豚」はイーサリアムを活用して、かわいい「くりぷトン」という豚のキャラクターを売買、配合できるブロックチェーン技術を活用した豚育成シミュレーションゲームです。

競走馬育成ゲームのように、くりぷトンは交配させることで新種を誕生させたり、プレイヤー間で売買したりできます。登場する「くりぷトン」は、3京6000兆通りの組み合わせがあり、きわめて高いコレクション性を誇っています。豚を使ったレースゲーム等の実装も検討されています。

海外で大人気を誇ったブロックチェーンゲーム「CryptoKitties」の豚版といったところです。

https://www.crypt-oink.io/

アクセルマーク「コントラクトサーヴァント」

「コントラクトサーヴァント」は、ユーザーがサーヴァントと呼ばれるカードから新たなカードを生み出し、新しい戦術を創造することができるブロックチェーンを活用したカードゲームです。

生み出される全てのカードは異なるステータスを持つよう設計しており、カードが生まれた瞬間から、見た目や行動する順番、攻撃範囲、スキルなどが暗号文字列により決定される仕様としました。

さらにカードはマーケットで売買することが可能になっているので、従来のカードゲームでは考えられなかった「自分で作ったカードを売る」といったことも可能になります。

f:id:massam-forward:20180705211839j:plain

CryptoGames「CRYPTO SPELLS」

「CRYPTO SPELLS」は「コントラクトサーヴァント」同様、ブロックチェーン技術を用いた本格カードゲームです。ゲーム内のマーケット・賞金付きゲーム大会の開催を通して日本の E-sports 文化の形成と発展に貢献していくと表明しています。