デザインフォワード

デザインの視点から商品やサービスのマーケティング事例を考察するブログ

自動車業界におけるブロックチェーン活用事例~海外各社・国内メーカーの動向まとめ~

はじめに

 この記事はブロックチェーンに関する初歩的な知識がある人向けです。

もしブロックチェーンについて一度も学んだことのない方は以下の記事を読んでからの方が理解が深まるでしょう。

www.design-forward-neta.com

では国内外の自動車メーカー各社がどのようにブロックチェーンを活用しようとしているか見てみましょう。

 トヨタ

トヨタはMITと共同で以下の3つの視点で研究を進めています。

①運転データのシェア

ブロックチェーン技術により、人や企業がより安全に運転に関する情報をシェアし、その情報を収益源にすることができると考えられています。車がひとつのIoT機器のようになった時、車単体で生成されるデータや車と車、車と信号などの通信によって発生するデータがあります。ブロックチェーンによって音楽の著作権がオープンに開かれるように自動車の運転に関するデータもオープンに開かれることによって様々なタイミングで価値あるデータとして収益化の機会が生まれるでしょう。

②シェアリングの基盤技術

ブロックチェーンによる分散型台帳技術は車の所有者が一時的な相乗りや荷物の運搬、カーシェアすることをより容易にすると考えられています。ブロックチェーン上にこれまでの自動車の使用状況や所有者や乗客のデータが記録されているおり、それらが貸す人、借りる人への信頼性担保につながります。そして、スマートコントラクトによる決済も可能になるため、第3者が入ることによるコスト増も防げます。さらに鍵の開け閉めやエンジンの強制停止などもスマートコントラクトによって可能になります。

③ 保険への活用

自動車によって収集されたデータによって保険料の適正化が進みます。運転状況と保険料が透明性を持って結びつくことで、安全運転へのインセンティブが向上するかもしれません。

Toyota Research Institute Explores Blockchain Technology for Development of New Mobility Ecosystem | Corporate 

BMW

①人権に配慮した原材料の証明

BMWはイギリスのスタートアップと連携し、バッテリーの原料であるコバルトが違法な児童労働によって産みだされたものではないことの証明にブロックチェーン技術を活用しようとしています。コバルトは3分の2がコンゴ地域で生産されており、そのうちの5分の1はそういった環境下で採られているといわれています。

メーカーによるこうした原材料の証明が進めば、違法な児童労働といった社会課題解決の糸口をブロックチェーンがもたらすことになりそうです。

ポルシェ(Porshe)

ドイツのスタートアップXAINと研究を進めています。

①鍵の開閉

第3者的なサーバーを経由することなく、アプリからダイレクトに開閉を行えることによって、1.6秒(従来の6倍の速さ)で開閉できるようになりました。さらに、遠距離からの鍵の開閉が容易になることで、例えば運送業者にトランクに荷物を置いてもらうオペレーションがよりスムーズになります。従来のシステムでこのようなことを行おうとすると、ポルシェのサーバーがハッキングされた場合に甚大な被害が出るリスクがありましたが、分散処理技術のあるブロックチェーンではその心配も不要になります。

②自動課金

スマートコントラクトによって自動車が充電ステーションに停まった際に、シームレスに課金するようなことが可能になります。運転時の保険の適用や高速道路の乗り入れ時などがよりスムーズに行われるようになりそうです。

ダイムラー

①環境への配慮

ダイムラーは500人の運転手に対して3か月間の実験を行いました。実験内容は運転手がどれだけ環境にやさしい運転をしたかに応じてmobiCOINSというトークンを発行するというものでした。mobiCOINSを多く集めた人にはベルリンへの旅行が与えられるというもので一過性のキャンペーンでしたが、この実験が終わった後も環境にやさしい運転を習慣づけるようなこともあったので興味深い実験でした。このような適切な運転に対する報酬としての仮想通貨・ブロックチェーンの活用は期待が持てそうです。 

Cars on the Blockchain? Six Ways Automakers Could Employ the New Technology