ブロックチェーンゲームの特徴と注目ゲーム・関連株の銘柄紹介

 f:id:massam-forward:20180527091519p:plain

「ブロックチェーン×ゲーム」の特徴・メリット

ビットコインなど仮想通貨の基礎技術として知られている「ブロックチェーン」。

近年「ブロックチェーン」をゲーム領域で活用した「Dapps(分散型アプリケーション)」が話題になっています。

ブロックチェーンを活用することで今までのゲームにはなかった以下の特徴をゲームにつけることができます。

・所有権の証明による複製の排除

 今までのゲームはたとえばポケモンのマスターボールを複数持っている人がいたように、裏技によってデータを改ざんしてアイテムを複製することが容易でした。

しかし、取引の記録が情報として残るブロックチェーンを活用することで

「誰がいつどこで手に入れたマスターボールか」が

マスターボールひとつひとつにブロックチェーン上で記録されます。

これにより複製したとしてもそのアイテムが不正行為で生成されたものであることが明らかになる仕組みです。

・分散管理

従来のゲームは一元管理だったため、ユーザーがゲーム内でアイテムを購入しても、ゲームが無くなれば管理データを全部失う恐れがありました。

でも、ブロックチェーンを活用し非中央集権(Dapps)の世界では、アイテムやキャラクターといったゲーム内の資産をを失うことはありません。

 

f:id:massam-forward:20180527091520p:plain

注目のゲーム①「くりぷ豚(くりぷとん)」

セレスはブロックチェーン関連企業の「グッドラックスリー」と、国内初のスマホ向けブロックチェーンゲーム「くりぷ豚(トン)」を開発して、リリースすることを発表しています。「くりぷ豚」は豚のキャラクターを売買、配合できるゲームで海外で有名な「CryptoKitties」の豚版といったところです。イーサリアムを使いって豚などを購入し、ユーザー間での売買が可能になる見込みです。

twitter.com

注目のゲーム②「イーサ三国志」

 イーサ三国志はブロックチェーンを使った三国志カードバトル。武将のレンタルや売買がブロックチェーンゲーム上で行われるようです。

 ブロックチェーンゲーム関連銘柄

・セレス

・アクセルマーク

・gumi