【徹底比較】「マメタス・しらたま・トラノコ」は「トラノコ」一択!話題の「おつり投資・貯金」サービスを比べてみた

マメタス

ロボアドバイザーで高い評価を得ているウェルスナビが 運営するお釣り投資サービス。

利用フローとしては

①マメタスのアプリをダウンロードして、「家計簿アプリ(マネーツリー)」との連携を実施します。

 →マネーフォワードでなくマネーツリーなのが何とも残念。。。

②おつりを引く元金を設定。金額は100・500・1000円から選べます

 →例えば98円の買い物をクレジットカードや電子マネーでした場合、2・402・902円

  といった端数が自動的に投資されていきます。

③あとは日常的に買い物をするだけで「ちりつも」投資

ただし、この「マメタス」とんでもない落とし穴が・・・ 

それは・・・

「WealthNavi for 住信SBIネット銀行」に初期投資として最低投資額で、かつ30万円程度入金しないと使えない

これではなかなかハードルが高いですね。。

 

しらたま

続いて家計簿アプリ最大手の「マネーフォワード」が運営する「しらたま」。

こちらはマメタスとフローの①②はほとんど一緒です

①「マネーフォワード」と連携

 →やっぱり最大手の家計簿サービスの方が使える人も多そう。

②おつりを引く元金を設定。金額は100・500・1000円から選べます

 →ここも一緒。

③たまった端数を貯金専用口座に移します。

 →移すだけで投資はしないのがマメタスとの違い。ある意味オンライン貯金箱です。

トラノコ

最後はトラノコ。

このサービスは「Moneyfoward、Moneytree、Zaim」といった主要な家計簿サービスと連携して使えるお釣り投資サービスです。

なので、流れとしては

①「Moneyfoward、Moneytree、Zaim」のどれかと連携

 →主要な家計簿サービスは抑えているので、誰でも手軽に始められそう。

②おつりを引く元金を設定。金額は100・500・1000円から選べます

 →ここは一緒。

③たまった端数を自動的に投資に移します。

 →毎月一回、何もしなくても投資されていきます。 

買い物のたびに投資ができる。」というのがトラノコの強みです。

ちなみに管理人もトラノコは愛用しています。

月額300円かかるものの、「ちりつも」の金額と利率を考えれば試す価値ありだと思います。

トラノコ