デザインフォワード

デザインの視点から商品やサービスのマーケティング事例を考察するブログ

【数検】宣伝会議賞のお題をTRIZの発明原理で考えてみる【前編】

 宣伝会議賞とは?

 

「宣伝会議賞」は宣伝会議が主催する広告表現のアイデアをキャッチフレーズまたはCM企画という形で応募いただく公募広告賞です。

賞金も

・グランプリ (1点) : 賞杯・賞状・賞金 100万円

・コピーゴールド (1点) : 賞杯・賞状・賞金 30万円

・CMゴールド (1点) : 賞杯・賞状・賞金 30万円

・眞木準賞 (1点) : 賞杯・賞状・賞金 30万円

とかなり豪華なコピーライティングの公募コンペです。

www.design-forward-neta.com

TRIZの発明原理とは?

 TRIZは、旧ソ連海軍の特許審査官であったゲンリッヒ・アルトシュラー氏が、 40万件という膨大な特許情報を分析した結果から導き出した一連の「発明の原理」です。

「分割原理」や「フィードバック原理」など40の発明の原理があります。これらの発明は問題解決の原理であり、コピーライティングにも活用できるのではないかということで宣伝会議賞の題材をネタに検証してみます。

宣伝会議賞をTRIZの発明原理で考えてみた

今回は「数学検定」のお題、

 「数検」を受験したくなるような、キャッチフレーズやアイデア

をTRIZの発明原理で考えてみます。

①まずは課題を具体的に記述します。

「数検を受けてほしいが、難しく思われてしまい告知が逆効果になってしまう」のような課題設定が考えられそうです。

②次に改善したいことと悪化することの矛盾を導きます。

この場合は「広める」と、「敬遠される」というのが両立しないという意味で矛盾に近い状態です。

今回は以下の参考書に従って「広める」を「温度」、「敬遠される」を「移動物体の使用エネルギー」として「周期的作用原理」「可変性原理」「局所性質原理」「他次元移行原理」の4つを使って考えてみます。

「数検」×「周期的作用原理

「周期的作用原理」は周期的なON、OFFによって問題の解決を図る方法です。

「数検」で考えると、

「フラれたら、数検」・・・自分磨きのONとして

「どうせなら公式」・・・公式記録としてのONとして

「ウケるか、受かるか。」・・・OFFかONかの表現

などが考えられそうです。

「数検」×「可変性原理

「可変性原理」は適応性や動的な対応によって解決を目指す方法です。

「数検」で考えると、

「うちの子は、ゴールドスター」・・・検定の幅の広さを訴求

「数学が思い出になる」・・・資格の幅を広げる意味合い

などが考えられそうです。

このように強制的に思考の方向性に制約を書けることでコピーを考えるのはいい訓練になるかもしれません。