デザインフォワード

デザインの視点から商品やサービスのマーケティング事例を考察するブログ

デザインの視点で見た2018年グッドデザイン賞の好事例まとめ②

 今や多くの人に知られているグッドデザイン賞

文房具や雑貨のマークで知っている人も多いですが、製品・サービス問わず幅広いデザインを対象にしています。2018年にグッドデザイン賞を受賞した事例のうち、サービスデザインの観点で良いと思ったものをいくつかの記事に分けて紹介します。

f:id:massam-forward:20181104224502j:plain

グッドデザイン賞とは?

グッドデザイン賞は、公益財団法人日本デザイン振興会の主催で、毎年デザインが優れた物事に贈られる賞であり、日本で唯一の総合的デザイン評価・推奨の仕組みです。

工業製品からビジネスモデルやイベント活動など幅広い領域を対象としており、審査員も超豪華な顔ぶれになっています。 

www.g-mark.org

1人称童話シリーズ

1人称童話シリーズは普通の絵本が客観的に描いているのに対して、主人公目線で描かれている絵本です。

子供が絵本を読み進める中でいつの間にか主人公になりきることで「共感と想像の力」を育むとされています。

絵本という製品のジョブを「子供の共感力を育む」にまで昇華させたユニークな製品です。

www.ichininsho-dowa.com

クリッチャ

子供の描いた落書きが楽しいアレンジを加えられ、世界にひとつだけのぬいぐるみに生まれ変わるサービスです。

「子供たちに自分の想像力が一番の宝物と思ってほしい」という想いがサービスになっています。子供の誕生日にあげてみたら可愛い反応が見られるかもしれません。 

esoraworks.com

 ぬいぐるみ健康法人もふもふ会 フモフモランドぬいぐるみ病院

ぬいぐるみ病院は、家族の一員である大切なぬいぐるみをあたかも人間かのように扱ってくれるぬいぐるみの修繕サービスです。

普通の病院と遜色ない位、丁寧なサービスデザインがなされており、家族同様にぬいぐるみを大切にする姿勢がにじみ出ています。

医師や看護師、受付にインターンまでがぬいぐるみという世界観は完璧です。

nuigurumi-hospital.jp

デザインの視点で見た2018年グッドデザイン賞の好事例まとめ①

今や多くの人に知られているグッドデザイン賞。

文房具や雑貨のマークで知っている人も多いですが、製品・サービス問わず幅広いデザインを対象にしています。2018年にグッドデザイン賞を受賞した事例のうち、サービスデザインの観点で良いと思ったものをいくつかの記事に分けて紹介します。

f:id:massam-forward:20181104224501j:plain

グッドデザイン賞とは?

グッドデザイン賞は、公益財団法人日本デザイン振興会の主催で、毎年デザインが優れた物事に贈られる賞であり、日本で唯一の総合的デザイン評価・推奨の仕組みです。

工業製品からビジネスモデルやイベント活動など幅広い領域を対象としており、審査員も超豪華な顔ぶれになっています。 

www.g-mark.org

HAQUA

HAQUAは金箔が付いたシートを肌に乗せて、上から濡らすと肌に金箔の模様を写せるおしゃれなタトゥーシールのようなアクセサリーです。

金箔をアクセサリーにしてしまうプロダクトデザインが素晴らしいです。

haqua.jp

Qrio Lock

Qrio Lockは後付けできるスマートロックです。

サービスデザイン的には、以下の点が素晴らしいと思います。

・付属の両面テープで貼りつければ、幅広いドアに後付け可能な点

 →設置工事不要

・スマホを持って近づけば自動で開錠し、取り出し不要な点

 →両手がふさがっていても鍵を開けられる

・離れるとオートロックされる点

 →両手がふさがっていても鍵を閉められる=閉め忘れがない

・スマホ代わりの小型デバイス「Qrio Key」で子供にも持たせられる点

 →子供もサービスの提供先であることを理解している

・「Qrio Hub」があれば、外からの開錠や操作の通知を受け取れる点

 →共働き世帯の不安やニーズを解消している

www.youtube.com

qrio.me

pocket change

pocket changeはは、海外旅行の際に余った外貨を、希望の電子マネー(Suica,PASMO,ICOCA...)や、各種ギフトコード(amazon,Apple...)、クーポン等に両替できる日本初の画期的なサービスです。

成田空港や羽田空港、関西空港など日本の主要な空港に設置されています。

www.pocket-change.jp

OKURU

OKURUは富士フィルムが提供するスマホの写真を家族や、友人、自分へのプレゼントにして贈れるフォトギフトサービスです。

現状はカレンダーを中心に、デスク用やA4,A3など様々なタイプを展開しています。

okuru-photo.jp

 

【スゴデザ】生活者参加型の商品開発 良品計画「IDEA PARK」 が画期的な件

スゴデザ

秀逸にデザインされたマーケティング事例を紹介します。

「IDEA PARK」とは?

「IDEA PARK」は無印良品を展開する良品計画が展開するオープンイノベーションによる生活者参加型の商品開発プラットフォームです。生活者の声をより現状の商品開発の流れに沿った仕組みにして、たくさんのリクエストから新たな開発の芽を見こうとしています。

 「IDEA PARK」の仕組み

以下のような流れで「IDEAPARK」は進んでゆきます。

①無印良品の商品で「こんなのがあったらいいな」と思うアイデアを投稿。

②IDEAPARKの運営担当者が内容を確認して掲載判断。

③掲載されたアイデアに対して、「良いね」ボタンを押されたり、「コメント」が投稿されたりして、それらの評価が高いものがリクエスト(アイデア)実現へと進んでゆきます。

秀逸なデザインのポイント

 

この「IDEA PARK」のマーケティング的な秀逸さは以下の2点と考えます。

クローズドな報酬制度

「IDEA PARK」内では上記のプロセスにあたって「MUJIマイル」がもらえます。「MUJIマイル」はためていくと、無印良品での買い物に使える「MUJIショッピングポイント」に交換することができます。つまり、商品開発のプロセスに参加すればするほど、無印良品での購買行動(無印良品への囲い込み)を加速するような仕組みとなっています。

 

IDEA PARK 内でのMUJIマイル付与のアクション
・リクエスト投稿が公開される(運営側で公開と認められたリクエスト)......250マイル
・リクエストに「良いね」する......10マイル(付与対象:1日上限10回)
・リクエストに「良いね」される......150マイル
・コメントを投稿する......250マイル(付与対象:1日上限10回)
・リクエストにコメントを投稿される......500マイル
・コメントに返信される......200マイル
・コメントに「良いね」する......10マイル(付与対象:1日上限10回)
・コメントに「良いね」される......100マイル

(公式HPより)

 

上質なコミュニティ

 

 

この「MUJI PARK」に参加するユーザーはモチベーションとして「もっと暮らしを便利にしたい」という思いと「無印良品でお得に買い物をしたい」という欲求を兼ね備えています。報酬を「MUJIマイル」というクローズドな報酬にすることで、ある意味コアな無印ユーザーによる上質なコミュニティを形成できています。

IDEAPARK | 無印良品